プログラマー 當間 | NeNe

© NeNe All rights reserved.

プログラマー 當間

プログラマーってどんな仕事ですか?

當間さんはプログラマーさんということなんですけど、プログラマーさんのお仕事ってどういうお仕事をされるんですか?

単純に言うと、ゲーム作成において、開発言語があって。それを使ってプログラムを用意するんですけど、色んな行程があって。
ゲームプランナーさんが居まして、その人がゲームの企画、まあシナリオやシステム等を構築して、それらの仕様書と企画書をみて、そのシステムに関してプログラミングするっていう仕事で。
キャラクター等、システム、あと音ですね。ゲームシステムを構築等して、ゲームが意図した通りに動くようにしていく仕事ですね。

仕事を始めたきっかけ

ちなみにプログラマーさんになったきっかけってどんななんですか?

僕の場合は思ったのが遅かったんですけど、小さい頃から物を作るのが好きでして。
最初設計の道に進んで、以前居た会社が設計やってたんですけど、そこでは自動車の製造ラインの設計をしていまして。実際やっていく内に作っているのが製造ラインで車本体じゃなくて、徐々にやる気を失ってって。そんな時に本当に昔からゲームが好きで、どうやって作られているんだろうって興味を抱いて、そっちの道に進もうかなって思ったのがきっかけですね。

就職されてから、改めてゲームの道に進みたいって思われたんですね。

そうですね。

ゲームがすごい好きなんですね。学生の時とかはどんなゲームをされていたんですか?

そうですね。生まれて初めてやったのが、小さい頃の記憶で曖昧なんですが、スーパーファミコンからやって。アクションが好きで、大体マリオとかそういうのをよくやってて。小学校の頃にポケモンが出て。その時に通信ケーブルが出て、好きなポケモンを交換したりしました。

ケーブルを伝ってくるんですよね。

お互いに対戦して自分の強さを見せたりできて楽しかったです。

じゃあやっぱりゲームはお得意でらしたんですか?

そうですね。アクションとか。

上手い方だったんですね。すごいです。

職場の雰囲気

ちなみに今の職場の雰囲気ってどんな感じですか?

そうですね。今はプログラマーさん、デザイナーさん、プランナーさん、ディレクターさんが居るんですけどその壁がなくて。定期的に飲み会とか。
あと僕去年入ったんですけど年末にクリスマスがある時にはクリスマスパーティーで。

仲良しーめっちゃ仲良しー。

それで一人いくらかってまで決めてプレゼント買ってきて、クジで。

交換!

そうですね、クジ引いて。必ず自分と同じものが当たらないように。
で、去年は、僕が幹事やったんですけど。
自分の会社以外で、他の会社の社長さんとかも来られてて。非常に緊張したんですけど。

責任重大だったわけですね。

自分でクジ作って、盛り上げました。

ゲームとか作られてる方のパーティって何か凝ってそうですよね。イメージですけど。

「プレゼントは面白いもので」って言われまして。

面白いもの!たとえばどんなものがあったんですか?

たとえば…そうですね、あんまり覚えてないな…僕が買ったのは、ピンアートって言って。写真立てみたいな感じで、一本一本細いピンがあって。顔面とか押し当てるとピンが出てきてその模様になるものを買ってきました。

超面白いですね!

それとか、与えられた金額通りのお菓子を買ってきたようなのとか。

「これはすごかったな!」っていうのありました?

うちの社長なんですけど、その日発売だったドラゴンクエストが同梱されたPS4を買ってきました!

すごーい!それ大当たりですね!すごい和気藹々とした職場なんですね。

休日の過ごし方

休日は何されてるんですか?

ゲームの学校が二年間しか行ってなくて、そんなに知識ないんで勉強したりとか、好きなゲーム家でやったりとかして。
あと飲みに行くの好きなんで、学校の友達とかバイトしてた時の友達とか誘われたりしたらよく飲みに行ったりしてますね。
大体インドア派なんであまり外には出ないですね。

やっぱりすごいですね。休日にもゲームに触れてらっしゃる。

そんなにはやってはないんですが。まあ離れはしないですね。

キャプテン翼のようですね。ボールはお友達、食事しながらでも足で。

そういうことか。僕サッカーより野球派なんですね。

野球派なんですか。私「ダイヤのA」が好きですよ。
ゲームのお仕事されててよかったなあことってありますか?

そうですね。まだ会社入って作ったゲームがまだ世間に出てない状態で、楽しんでいただいてるっていう部分がまだ無いので、そういった状態でもやはり企画通りに与えられた仕事で自分が作ったシステムがそれ通りに動いた時は、自分の書いたプログラムで動いてるんだなっていうそういう実感が沸きますし。

素敵です、何か。

あと、自分で打ったものがすぐ画面に出て動きを確認できて、自分が作ったものがすぐ自分の目で確認できるっていうのがいいですね。

じゃあ親のような気持ちですね。生みの親的な。

将来の目標

将来の目標は?

今はまだほとんどできてない状態で。与えられた仕事をやってるだけなんで。
先程インタビューした村松さんみたいに先頭に立ってみんなに指示ができるようになりたいですね。

0719

20177/20

早くも夏の陽気!

こんにちは、イノウエです。 すでに真夏の気温を観測する中、梅雨が明けないまま雹が降り注ぐというおもしろ天気! …

Hmncls_logo_SMC_20161221_saito

20177/19

音楽朗読劇「READING HIGH」及び第一回公演「Homunculus~ホムンクルス~」

株式会社ソニー・ミュージックエンタテインメント様と藤沢文翁氏で立ち上げた新ブランド「READING HIGH」、及び第一回公演「Homunc…

20177/14

MY☆夏の長時間で列並び対策アイテム☆

こんにちは、レイシンです! 最近はすごく暑いですね、 皆さん!!熱中症にならないように気を付けましょう…

20177/7

もう夏も直前ですね…!

こんにちは、タマイです。 暑い日が続くと思えばつい先日台風が過ぎ去ったりと、 不安定なお天気が続く今日…

73398

20176/30

メロンο(∵)οメロン

こんにちは、デザイナーのハキイです。 本格的に梅雨入りしました☔☔☔ 湿…

ページ上部へ戻る
whatnene_thumb_01
whatnene_thumb_01

風通しの良い開発環境!

ゲームの開発に限られた話ではないですがチームワークはとても重要です。
NeNeでは仕事中でもコミュニケーションを円滑におこなえるよう、
パーテーションなどの仕切りをなくし、風通しを良くしています。

開発プロジェクト毎に席替えを行うこともあり、
プロジェクトのメンバー同士でも、お互いに技術的な情報交換をしたり
アドバイスするなど、席が隣というだけで距離が縮まります。

Bさん

集中力を高めるのにパーティションも必要だけど、
反面コミュニケーションがしにくくなりますね。
なかなかバランスが難しいなぁ。

×

sirouette

×
whatnene_thumb_02
whatnene_thumb_02

制作風景

開発はプロジェクトの規模によりますが各セクションの担当が密に連絡をとれる
環境を重視しています。社内のいたるところで打合せ光景もあります。

面白いと感じたアイデアはすぐにカタチに変える!
このスピード感は、NeNeならではの強みと言えます!

AISIS

チームワークはバッチリですね!

×
whatnene_thumb_03
whatnene_thumb_03

充実の社内イベント!

メンバー同士がよりわかり合うための、コミュニケーションをとる機会を
大切にしています。
プロジェクトの打ち上げや新しい仲間が入社した際に、飲食の費用を
一部会社で負担しています。

クリスマス会には大人のプレゼント交換会も…!?

AISIS

楽しそう! おとなのプレゼント交換会ってなんだろ?

×
whatnene_thumb_04
whatnene_thumb_04

魅惑のダークルーム

会社とは思えないほどの広々としたスペースがあり、
ゲームスペース、シューティングレンジ、卓球台を完備し
自由に使用することが可能です。

ゲームスペースには、最新のものから懐かしいものまで、
多様なゲーム機器・ゲームソフトを完備。
休憩時間やゲーム企画に煮詰まったときなど、プレイする社員も。

シューティングレンジには大小様々なエアガンが用意されており、
最新の電子ターゲットもあります。
ストレス発散や銃器モデル制作の参考にもなります。

AISIS

すごい!シューティングレンジや卓球台まである!

×