アジサイの裏話 | NeNe
1906下旬ブログ

20196/28

アジサイの裏話

本格的に梅雨に入ってきましたね。デザイナーのふかつです。

この時期綺麗で日本各所でみられる「アジサイ」。

最近知ったのですが、アジサイには毒があるそうです..。

あと花弁が4枚→死を連想するという説も..

パステルカラーが美しいアジサイですが、以外な一面がある花なのですね。


さて、私は先日とあるセミナーに参加しました。

海外の映画業界で活躍される造形アーティストの方が講師で、

業界は違いますが、考え方や身の振り方、今後の課題など

改めて考えさせられるセミナーでした!

参加されている方の業界・業種も幅広く

受講料一万円という事でどんな内容なんだと参加してみましたが・・

とても刺激になりました。

 

講義のポイントとしては

①自分の良さ、強みを知る。

自発的に強制されず作るもの、自分にとっての原点とは何か?

好きなものを作る過程好きなのか?

好きなものでなくても、最終的に作ったものを見て人が反応してくれるのが好きなのか?

 

②こだわりを使い分ける

こうであるべき、こうでなければというこだわりは人それぞれ。

自分のこだわりが他人に伝わらないこともある。

 

③欠点を生かす

好きなものがなく、味がない→好みに関係なくどんな要望にも応えられる。

雑で飽きっぽく続かない→早く仕事を終わらせれる。

作業が遅く時間がかかる→人一倍丁寧にできる。

..というように、自分の欠点を利点として考える。

 

④努力より、工夫

上手くいかない、苦しいときはやり方を変える。

こうでなければ、という自分を不幸にするネガティブな努力はせず

こうしたら楽しい!と思えるやり方を考える。

 

⑤志を立てる

漠然とした目標のための努力は苦しい。

何のために、なにができるようになりたいのか、どんな風になりたいのかを具体的にし

明確な目標のために必要なものを必要なだけ勉強する。

 

⑥ポジティブでいる

ネガティブな感情は、人間の本質ではなく習慣によるもの。

人間は生まれたときはポジティブで、怪我するかもとは考えず、とりあえず立ってみる。

やったことない=出来ない はもったいない。根拠のない自信を持つ。

 

⑦人と比べない

人と比べることはゴールがなく、不幸になる。

ある程度の技術がつくと人それぞれ個性がでてくる。

どれが崇高なのかではなく、好きか嫌いかの違い。

自分が進むべき道はどういうものなのかを考える。

他人の道が、自分にとってあてはまる道とは限らない。

今できることを積み重ねていくことで、自分の道が出来ていく。

 

..という7点でした!

クリエイターに限らず、多くの方が苦悩する部分かと思います・・。

苦しい努力はせず、自分を分析し、やりかた・考え方を工夫する。

実際に取り入れるには難しい部分も多くありますが

少しでも自分の考え方のクセに惑わされず、ポジティブに頑張っていきたいと思いました..!


 

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

201911/19

寒いですね~

こんにちは。デザイナーの小椋です。 今回、私がNeNeブログを担当するのが最後となります…

201910/11

涼しくなってきましたね

はじめまして、新人デザイナーのキクチです。 今回からブログ投稿に参加させていただくことになりました、どうぞよろしくお願いします。 …

20199/27

食欲の秋

こんにちは、デザイナーのシュクンです☆ 秋は食欲旺盛になるという諺(?)がありますので、 今回のブログ…

ブログ絵2

20199/19

秋を感じる季節になってきました

最近過ごしやすい気候になってきましたね!デザイナーのタナカです。 夏は色々と楽しいことがあっていいのですが、暑さが苦手…

20198/19

第十回N小隊遠征:「東京サバゲパーク」

こんにちは、デザイナーのナカジマです。 何をするにも暑い夏、いかがお過ごしでしょうか? …

ページ上部へ戻る
whatnene_thumb_01
whatnene_thumb_01

風通しの良い開発環境!

ゲームの開発に限られた話ではないですがチームワークはとても重要です。
NeNeでは仕事中でもコミュニケーションを円滑におこなえるよう、
パーテーションなどの仕切りをなくし、風通しを良くしています。

開発プロジェクト毎に席替えを行うこともあり、
プロジェクトのメンバー同士でも、お互いに技術的な情報交換をしたり
アドバイスするなど、席が隣というだけで距離が縮まります。

Bさん

集中力を高めるのにパーティションも必要だけど、
反面コミュニケーションがしにくくなりますね。
なかなかバランスが難しいなぁ。

×

sirouette

×
whatnene_thumb_02
whatnene_thumb_02

制作風景

開発はプロジェクトの規模によりますが各セクションの担当が密に連絡をとれる
環境を重視しています。社内のいたるところで打合せ光景もあります。

面白いと感じたアイデアはすぐにカタチに変える!
このスピード感は、NeNeならではの強みと言えます!

AISIS

チームワークはバッチリですね!

×
whatnene_thumb_03
whatnene_thumb_03

充実の社内イベント!

メンバー同士がよりわかり合うための、コミュニケーションをとる機会を
大切にしています。
プロジェクトの打ち上げや新しい仲間が入社した際に、飲食の費用を
一部会社で負担しています。

クリスマス会には大人のプレゼント交換会も…!?

AISIS

楽しそう! おとなのプレゼント交換会ってなんだろ?

×
whatnene_thumb_04
whatnene_thumb_04

魅惑のダークルーム

会社とは思えないほどの広々としたスペースがあり、
ゲームスペース、シューティングレンジ、卓球台を完備し
自由に使用することが可能です。

ゲームスペースには、最新のものから懐かしいものまで、
多様なゲーム機器・ゲームソフトを完備。
休憩時間やゲーム企画に煮詰まったときなど、プレイする社員も。

シューティングレンジには大小様々なエアガンが用意されており、
最新の電子ターゲットもあります。
ストレス発散や銃器モデル制作の参考にもなります。

AISIS

すごい!シューティングレンジや卓球台まである!

×