© NeNe All rights reserved.

TOP

20203/31

N小隊装備編

こんにちは、デザイナーのナカジマです。
勢いを増しているコロナウイルスの影響でN小隊も自宅待機が続く今日この頃、皆さんはどんな過ごし方をされていますか?


ここ数か月間サバゲのサの字もないN小隊ですがサバゲのない時にこそ軍拡をするのがサバゲーマー、小隊内にも軍拡の波が来ています。
そんな今回は小隊内の装備をいわゆる「装備の開き」のような感じですこしだけ紹介したいと思います。

それではまずTさんの装備から

装備の開き_T
圧巻ですね,,,Tさんには装備のリストも作って頂きました

プレートキャリア
LBX LBX-4020
ドロップポーチ
FERRO CONCEPTS THE DANGLER
ベルト
TYR TACTICAL GUN FIGHTER BELT
ブーツ
La Sportiva Core 
シューティンググラス
WILEY X VALOR
イヤーマフ
Walker's Game Ear RAZOR
グローブ
Mechanix Original Glove
無線
iCOM

銃器類
プライマリ
KRYTAC TRIDENT MK2 CRB
G&G FIREHAWK HC05
セカンダリ
EMG STI/TTI JW3 2011 COMBAT MASTER


品質重視でレプリカなどはあまり取り入れていないそうです
軽量プレキャリにベルトキットを組み合わせた高機動型の装備でまとまっています。

銃もKRYTACやG&Gと品質と性能を両立させたものがプライマリに置かれています
セカンダリは記憶に新しいジョンウィック仕様のコンバットマスター

どこから見ても映える物ばかりでゲーム中に写真を撮るのも楽しくなってくる装備ですね。

 

装備の開き_N

そしてこちら私の装備
(この写真を撮るために装備を並べていたら何となく思い出すものがありました,,,そう,,UV展開ですね)

Tさんと違いそのほとんどがレプリカで構成されたとってもリーズナブルな装備です
色々なところの寄せ集めで説明が難しい,,,なので詳しくは省きます。

銃は全てが安心安全の東京マルイ製です
プライマリウエポンはどちらもM4 MWSのカスタム、拡張性に富んでいるのでカスタムによってはガラッと見た目が変わって飽きがこない良い銃ですね。
セカンダリはUSPのフルサイズ、アウターバレルをサプレッサー対応のものに交換してライトをつけてあります。
どの銃も見た目と性能共に良いものなんですがカメラを使っている間はどれも使うことがないので少しお荷物になっています,,

いかがでしたか?
今回紹介しただけでも人によって装備の違いがあって面白いですよね
また機会があればさらに他の方の装備紹介をさせてもらおうと思います。

それでは皆さん体調管理には特に気をつけてお過ごしくださいませ。

 

今回のTさん
装備を着用しての1枚
迷彩は昨今流行りのストリート路線を取り入れているそうです。

Tさん

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

20204/27

コロナ収束祈願!

はじめまして。今回からブログに参加させていただきます。 新人デザイナーのミノワでございます。 さて、昨今は新型コロナウイルスの影…

20204/6

春がきました

はじめまして、新人デザイナーのマツオカです。 今回からブログ投稿に参加…

20203/13

ホワイトデー

こ~ん~に~ち~は~~、デザイナのシュクンです。 去年と続き偶然にまたホワイトデー時期のブログを担当しました! …

ブログ絵2 (1)

20202/28

自分でできる予防策

こんにちは、デザイナーのタナカです! 少しずつ暖かい日も増えてきて今から春が待ち遠しいこの頃です。 で…

20202/14

バレンタインイベント

はいはい!! 3DCGデザイナーのべっぷでーす! みなさまお待たせいたしました!! 本日は!バレンタイ…

ページ上部へ戻る
whatnene_thumb_01
whatnene_thumb_01

風通しの良い開発環境!

ゲームの開発に限られた話ではないですがチームワークはとても重要です。
NeNeでは仕事中でもコミュニケーションを円滑におこなえるよう、
パーテーションなどの仕切りをなくし、風通しを良くしています。

開発プロジェクト毎に席替えを行うこともあり、
プロジェクトのメンバー同士でも、お互いに技術的な情報交換をしたり
アドバイスするなど、席が隣というだけで距離が縮まります。

Bさん

集中力を高めるのにパーティションも必要だけど、
反面コミュニケーションがしにくくなりますね。
なかなかバランスが難しいなぁ。

×

sirouette

×
whatnene_thumb_02
whatnene_thumb_02

制作風景

開発はプロジェクトの規模によりますが各セクションの担当が密に連絡をとれる
環境を重視しています。社内のいたるところで打合せ光景もあります。

面白いと感じたアイデアはすぐにカタチに変える!
このスピード感は、NeNeならではの強みと言えます!

AISIS

チームワークはバッチリですね!

×
whatnene_thumb_03
whatnene_thumb_03

充実の社内イベント!

メンバー同士がよりわかり合うための、コミュニケーションをとる機会を
大切にしています。
プロジェクトの打ち上げや新しい仲間が入社した際に、飲食の費用を
一部会社で負担しています。

クリスマス会には大人のプレゼント交換会も…!?

AISIS

楽しそう! おとなのプレゼント交換会ってなんだろ?

×
whatnene_thumb_04
whatnene_thumb_04

魅惑のダークルーム

会社とは思えないほどの広々としたスペースがあり、
ゲームスペース、シューティングレンジ、卓球台を完備し
自由に使用することが可能です。

ゲームスペースには、最新のものから懐かしいものまで、
多様なゲーム機器・ゲームソフトを完備。
休憩時間やゲーム企画に煮詰まったときなど、プレイする社員も。

シューティングレンジには大小様々なエアガンが用意されており、
最新の電子ターゲットもあります。
ストレス発散や銃器モデル制作の参考にもなります。

AISIS

すごい!シューティングレンジや卓球台まである!

×